交通事故で弁護士に依頼する際に実績と共にチェックすべき点は?

交通事故に強い弁護士を見つける最も簡単な方法は、ネットで検索することです。

ネットで検索すれば簡単に多くの情報を得ることができますが、情報が多過ぎてどの弁護士を選んだらいいか分からなくなってしまうことも少なくありません。

そんな時は「後遺症害を得意にしている」や「完全成功報酬」などの自分が最も弁護士に求めることをキーワードにして検索してみれば、自分が求める弁護士を見つけることができます。

また、ホームページを見つけたら相談料や弁護士費用だけでなく、交通事故問題に対する具体的な記載があるかどうかもチェックすることが大切です。

もし具体的な記載があり、それが説得力があるものなら、その弁護士事務所は交通事故問題に精通していると判断できます。

また、その弁護士の経験年数や実績も重要な判断材料になるのでよく確認することが大切です。

弁護士に交通事故問題を相談するなら、知人や保険会社から弁護士を紹介してもらったり、弁護士会や自治体が行っている無料法律相談会に参加したりするなどの方法もありますが、これら場合は被害者側の交通事故問題に精通していない弁護士に対応されることがあります。

そのため、本当に被害者側の交通事故問題に強い弁護士に相談したいなら自分で探した方が確実です。

弁護士に依頼する時は、着手金と実費と報酬金の具体的な金額をよく確認することが大切です。

特に報酬金は同じ10%の場合でもかかるのが増額分か獲得分かによって手元に残る額が大きく異なるので注意が必要です。

例えば、保険会社から提示された額が1,000万円でも、弁護士が交渉することで獲得額が1,100万円になったとします。

この場合は10%が増額分にかかるなら報酬金は10万円になるので手元に残るのは1,090万円ですが、獲得分にかかるなら報酬金は110万円になるので手元に残るのは990万円になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です