債務整理で頼りにしたい弁護士の選び方。重視すると良い点は?

債務問題で悩んでいる人が債務整理をしようと思ったときにまず悩むのが、どの弁護士事務所や債務整理機関に相談するかということだと思います。

特に昨今では過払い金請求など債務問題に熱心な弁護士事務所が急増し、積極的にテレビCMなどのプロモーションを行っています。

ウェブ広告などでもたくさんの債務整理についての広告を目にします。

このように債務整理への抵抗が社会全体として低くなっていることや債務整理の相談先の選択肢が増えたことは、債権者にとってはプラスです。

しかし、選択肢が増えすぎたことで有象無象の弁護士事務所が乱立していることも事実です。

このようなことから、債務整理を検討する際どの弁護士を選ぶのかというのは非常に重要になっています。

実際に債務整理弁護士を探して依頼する際には、やはりこれまでの実績を重視すべきです。

広告などには必ずその弁護士の過去の債務整理の実績などが掲載されているはずです。

それをしっかりと確認し、実績として具体的な数値がより多く明示されている弁護士を選びましょう。

体験者の口コミなどが多く載せられているものもたくさんありますが、その口コミの中にもより客観的な数値(期間や金額など)を選ぶべきです。

こういった点では、テレビCMなどを数多く売っている大手の弁護士事務所などはしっかりしています。

また、これは特に地方在住の方は気をつけたいことですが、依頼する弁護士事務所などが自宅からどのくらいの距離にあるのかも重要です。

それが大手法律事務所の支店などあればさらに、その事務所にどのような人員が在籍しているのかも調べるべきです。

債務整理は長期戦であり、その間弁護士の方とのやり取り、連絡や相談などは欠かせません。

その際に実際に対面して話せること、その相手がしっかりとした資格・役職を持つ方であることは非常に大切です。

地方の弁護士事務所などでは、どうしても弁護士の資格を持つスタッフが少なくなりがちです。

多くの案件を抱えているところなどは、事務スタッフにできるだけ仕事を分担し、どうしても必要な場面のみ弁護士の先生がやるという事務所も多くなります。

自身の不安を軽減するためにも、弁護士のスタッフがより多く在籍する弁護士事務所を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です